イオンカードは2枚持ち出来る?

イオンカードは欲しい…けど何らかの理由により2枚以上もつ必要がある人もいるかもしれません。

イオンカードを既に持っていて、もう1枚、もしくは2枚新しく作りたいと思った時、果たしてそれは可能なのでしょうか?

クレジットカードの2枚持ちと言うと考えられるシチュエーションはだいたいこんな感じでしょう。

  • 家族にもイオンカードを持たせたい
  • 何種類もあるイオンカードの他のバージョンも欲しい
  • 同じ種類のイオンカードをもう1枚欲しい

今回はこの3つのシチュエーションについて解説していきます。

家族にもイオンカードを持たせたい

家族にもイオンカードを持たせたいのであれば話は簡単です。

クレジットカード会社ならよく発行している家族専用の家族カードですが、もちろんイオンカードも発行しています。

家族にクレジットカードを持たせるためにイオンカードを複数枚発行したいのであれば、単純にイオンカードの家族カードを発行するだけでいいのです。

イオンカードの家族カードの特徴としては、イオンカードの特典(お客様感謝デー割引やWAON付帯、WAONポイント等)は家族カードも受け取れならがらも、引き落とし口座とポイントが貯まる先はメインカードのままとなっています。

家族カードの中にはカードごとにポイントが貯まる先がバラけたりするものもあるので、ポイントが合算なのは便利でいいですね。

イオンカードを発行しており、自分もメインで使ってはいるものの、イオンで買物をするのは妻であるため妻にもイオンカードを持たせたいといった要望に応えてくれるのがイオンカードの家族カードとなります。

イオンカードを既に持っていて配偶者や子供にイオンカードを持たせたいのであれば家族カードが一番いい選択肢でしょう。何より審査など無しにすぐ発行してくれるので、面倒臭さがまったくありません。

家族カードは3枚まで発行できるので、家族にイオンカードを持たせたいのであれば家族カードを発行してしましましょう。

何種類もあるイオンカードの他のバージョンも欲しい

イオンカードはイオンが発行している、イオンで買物をするのならばお得なカードとして知られていますが…

一方でバリエーションがとてつもなく多いことでも有名です。イオンカードの種類は幅広くどれもそれぞれ特典が違ってくるので、人によっては違うイオンカード2枚を使い分けたほうがお得…という人もいるかもしれません。

果たして違う種類とはいえ、同じイオンカードを何枚も発行してもらえることは可能なのでしょうか。

答は可能です。

イオンカードセレクトを持っていながら、電車によく乗るからとイオンカードsuicaを発行してもらい、飛行機にもよく乗るからとイオンカードJMBカードを発行してもらう…という事は可能です。

イオンカードは既に持ってるから…イオンカードsuicaは欲しいけどもうダメかな…なんて思う前に軽く発行審査をしてもらいましょう。

過去にイオンカードとのトラブルさえ起こしていなければ何の問題もなく発行してもらえるはずです。人によっては違う種類のイオンカードを5枚近くも発行してもらっている人もいるようです。

イオンカードはものによってはかなりお得になったりすることもあるので、ものすごい恩恵を受けられそうなイオンカードが他にもあるのなら作ってしまうのがお得でしょう。

同じ種類のイオンカードをもう1枚欲しい

何らかの理由により同じ種類のイオンカードが欲しい…という人もいるかもしれません。

しかし残念ながら、同じ種類のイオンカードは同じ人が2枚以上作ることは出来ません。

イオンカード側にとっても管理が難しくなりそうですし、そもそも理由がなんだか思いつきませんからね。当たり前と言えば当たり前かもしれません。

しかしながら完全に不可能かと言われると、じつは抜け穴があります。

イオンカードセレクトはイオンカードのデザインと、ディズニーのデザインの2つから選ぶことが出来ます。

Screenshot at Jun 27 15-28-20

この2つのカードは両方共イオンカードセレクトではありますが、厳密に言うと違うカードであるため、やろうと思えばイオンカードセレクトのノーマル券面とイオンカードセレクトのディズニー券面の2つを持つことが可能なのです。

そんなことをするメリットは入会特典の二重取りくらいしか思いつきませんが…イオンカードセレクトを使っていてやっぱりあのセンスのいいディズニー券面にしたくなった…とかなら理由として成立しそうでもあります。

恐らくその場合は一旦解約して審査をしなおしたほうが審査にも通りやすくなるとは思いますけどね。

他には、イオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)の2つは実は別のカードであるため、イオンカードセレクトを持っている人がイオンカード(WAON一体型)を、もしくはその逆を持つというのは可能なはずです。

Screenshot at Jun 27 15-28-28

更に言うなら、やろうと思えばイオンカードセレクトのノーマル券面、イオンカードセレクトのディズニー券面、イオンカード(WAON一体型)のノーマル券面、イオンカード(WAON一体型)のディズニー券面の4枚持ちも不可能ではないでしょう。

不可能ではありませんが、可能な限り無駄です。普通に暮らしていれば実質同じカードを4枚も保つ必要はありませんからね。

というかこの4つのカードを発行してもらおうと思ったらイオンカードもクレジットカード詐欺かなんかと怪しんで発行してくれないかもしれません。

ショッピング枠はどうなるか

イオンカードを2枚持ちした場合、ショッピング枠やキャッシング枠はどうなるのでしょうか?

これは特殊で、イオンカードのショッピング枠はたとえ何枚カードを持っていても共有となります。

つまり、たとえ上限額10万のイオンカードを10枚持っていても、100万円使えるわけではなく全体で10万円まで使えるという事になります。

複数枚発行はしてもらえても結局は同じカードで、家族カードの亜種みたいな扱いをされるというわけですね。

この時の限度額は発行されたカードの中で最も上限が高いものに設定されるようです。

枠が共有される同じカードで上限額が異なるなんて事が起きえるのか…と疑問に思うかもしれませんが、たとえ同じイオンカードでも新しくカードを作る際は審査が必要になってくるのでその時に増額される可能性があるわけですね。

運が良ければイオンカードを複数枚持つことにより限度額を上げられるかもしれません。

ポイントはどうなる?

イオンカードの大きなメリットといえばやはりポイントです。

イオンカードはいまのところWAON POINTとときめきポイントが貯まるポイントカードとして機能しており、これらのポイントを貯めて将来なにか大きな買い物をしたい…と考えている人も少なくないはずです。

お得に生活するためにイオンカードを複数枚もったはいいものの、ポイントがそれぞれ別に貯まってしまって逆にお得じゃなくなった…なんて事になったら本末転倒ですからね。

しかしご安心ください。イオンカードを複数枚持った場合でも、ポイントは合算されます。

イオンカードを複数枚作ったあと、会員サイトであるMypageにて新しいカードを登録するとときめきポイントやWAONポイントの合算が可能になります。

逆にカードの登録を忘れると登録するまでポイントが別々に溜まってしまいかなり面倒くさくなるので、2枚目以降のカードを作ったならすぐに登録しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする