イオンカードとキャッシング

クレジットカードにはキャッシングという機能を付帯させることが出来ます。

イオンカードも例外ではなく、希望をすればキャッシング機能を付帯し、いざという時に役立てることが可能です。

今回はそんなイオンカードとキャッシングについて解説していきましょう。

キャッシングとは

キャッシングとは、クレジットカードに付帯している「キャッシング枠」を消費して現金を引き出す事を言います。

イオンカードをATMに挿入し、キャッシングを選ぶとキャッシング枠を消費し、たとえ口座に現金が入っていなくても指定した量の現金を引き出すことが可能になります。

口座に現金が無くてもお金を引き出せると言っても打ち出の小槌のような使い方はできません。

キャッシングで引き出した現金はイオン銀行から借りたと見なされるため、通常よりもちょっと多い金利を重ねて返済する必要があります。

それでは…一体どういう時にキャッシングが役立つのでしょうか?

キャッシングの使いみち

キャッシングは基本的に「銀行口座に残高が無いけど今すぐ現金が必要」という時に使われます。

例えば…給料日前なのに友人の結婚式になったため、急遽現金が必要なのに口座には現金が入っていない…なんて時

もしくは急遽参加することになった飲み会だけど現金を持っていない

さらには携帯電話料金の引き落とし日がすぐなのに口座に現金がないなんて時にもつかえます。

どれもそこまで頻繁に起きるシチュエーションではありませんが、誰もが1度は体験し、パニックに陥ったことがあるはずです。

キャッシングはいわば備えあれば憂いなしといった、現金の保険のようなものでしょうか。使わなければお金はかからないため、とりあえずキャッシング枠をいくらかつけておくというのもいいでしょう。

キャッシングのデメリット

一見便利そうなキャッシングですが、メリットだけではありません。デメリットをいくつか挙げて行きましょう。

1つめはまず利息の返済です。

キャッシングで借りた現金には18%の年率が付くため、通常の分割払いなどと比べるとかなり高い額を返済する必要が出てきます。

18%というと法律で定められた限界ギリギリの値となります。とはいってもキャッシングの場合、借り入れる金額がそこまで大きくはならないので返済に追われるということにはならないでしょう。

例えば3万円を借り入れ、3ヶ月で返済する場合は毎月の返済額はおおむね10,301円となります。多く支払うことになる額はたったの903円程度なので、そこまで大きな負担ではありません。

キャッシングに対するなんとなくヤバそうなマイナスイメージはだいたい50万くらい借り入れてている人から来るものであり、少額のキャッシングくらいでは窮地に陥ることはないでしょう。

キャッシングのデメリットの2つ目として挙げられるのは審査でしょう。

実は、キャッシングにはクレジットカードの発行とは別に審査が設けられています。

つまり、例えばイオンカードを発行してもらおうと思い、ついでだからとキャッシングも付帯させようとキャッシング希望枠を設定すると、イオンカードの審査とキャッシングの審査の二つをくぐる必要が出てくるわけです。

もしキャッシングの審査に落ちてしまうと、イオンカードの審査も無かったことになってしまいます。だからイオンカードの審査を受ける際はキャッシング枠はとりあえず0にしておくべきと言われるわけですね。

なぜキャッシングには別の審査があるのでしょうか。これにはちゃんとした理由があります。

キャッシングを使う人の種類を考えてみましょう。キャッシングを使う人というのは、ほぼ例外なく現金が必要なときに現金がない人となります。

現金がない人にお金を貸したらどうなるのか…大きなトラブルになりそうというのは容易に想像出来ますよね。だからキャッシングにはもう一つ審査を付けて、ちゃんと返済能力があるかを見ているわけです。

ただ、キャッシング枠は海外での現金の引き出しに使うこともできますし、やっぱりあればあったで緊急時に役立つので、イオンカードを手に入れたあとは一応希望だけはしておいてもいいかもしれません。

もちろん、カードを持っている状態でキャッシング枠の審査を受け、たとえ落ちたとしてもカードが取り上げられるということはありません。

さて、今度はキャッシングに対する細かい疑問に答えていきましょう。

ATMでキャッシング・返済をする方法

イオンカードでキャッシングをする方法は意外と単純です。イオンカードをイオン銀行やローソンなどに設置されているATMに挿入し暗証番号を入れ、引き出しの際にキャッシングを選ぶのみです。

キャッシング枠があれば自動的にキャッシング扱いとなり、口座からお金を引き出すように現金が出てきます。

支払い方法は一括払いとリボ分割払いから選ぶことが出来ます。キャッシングは年率が高いですが、50万円とかをキャッシングするのでなければそこまで大きな額とはならないためリボ分割払いにしても返済に苦しまされるということにはならないでしょう。

出来れば一括払いが理想ではありますが…

返済ですが、これは何もしなければ次回の請求額に上乗せされて請求されます。

ただ、余った現金などを繰り上げて返済したい場合はこれもまたイオン銀行やローソンにあるATMから返済することも可能です。

これはATMにカードの挿入後、「クレジットのご返済」といった項目から可能となります。

キャッシングは年率が高いので、もしキャッシングをして現金が余ったらさっさと返済してしまいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする