イオンカードの審査のすべて

イオンカードを今から作ろうと思っているが、クレジットカードというのは審査というものがあり、これに通らなくてはカードが発行されないらしい…自分は審査に通るのだろうか?という不安を抱いている人は沢山いるでしょう。

クレジットカードはお金が大量にある人しか持てないというイメージもあるため、例えばフリーターや主婦の方も恐らくクレジットカードであるイオンカードを持てるかどうか不安でしょう。

そこで今回は、イオンカードの審査について知っておくべきことを全て解説していきます。

審査基準は不明

どこのクレジットカード会社でもそうですが、審査基準は公開されていません。

それでもイオンカードがどれくらい甘いかみたいな噂はクレジットカードについて調べていると少しづつ明らかになってきます。私が調べた所によると、イオンカードは楽天カードの審査よりは少し厳しいが、通常のカードよりは圧倒的に簡単というのが実情だそうです。

まあ、楽天カードはクレジットカード会社の中でも1・2を争うレベルで審査が簡単なクレジットカードと言われていますからね。妥当な評価でしょう。

それでもイオンカードは庶民のカードとしてかなり審査は甘く設定されているようです。

審査に通るための最低基準

審査基準は公開されていないので、イオンカードが公表している部分を見ていくしか有りません。イオンカードの申し込みページには以下の様な文面が書いてあります。

Screenshot at Dec 02 14-44-16

18歳以上で電話連絡が出来るなら申し込み可

未成年の場合は親権者の同意が必要

入会に必要な最低条件はこの二つです。楽天カードの場合はこれに加えて「バイトやパート、主婦もOK」と但し書きがしてあったことを考えると、楽天カードほど誰にでも発行しているカードではないようです。

それでも世間の評価はかなり簡単な方なカードであるため、強調表示をしていないだけでそこまで厳しくはないかと思われます。そもそもイオンカードはイオンに通う主婦をメインターゲットにすべきであるため、主婦を弾く理由がありませんしね。

ちなみに18歳以上で電話確認が出来るなら申込可と書いてはありますが、私の場合は電話による在籍確認のようなものはありませんでした。他のクレジットカード会社も電話確認は一部の申込者にしか行っていないというケースが多いので、イオンカードもそのたぐいなのでしょう。

もしかすると、ランダムに電話をかけると「電話確認があるとは書いていなかったのに電話が掛かってきた!」というクレームが来るのでそれを避けるために書いているのかもしれません。

とりあえず18歳以上で電話を用意出来る人はいちおう全員イオンカードの申し込み最低基準には達しています。

その他の基準

イオンカードにかぎらずクレジットカードの申し込みをする場合、職業、住所、年収を申告する必要があります。

これらは全て自己申告なので、そこまで気にすることはないでしょう。基本的にはイオンカードは申し込んできた顧客の信用情報を信用情報を集めているCICといった会社から集めてきて診断するため、年収が0でも過去の信用情報がマトモであれば問題ないはずです。

ただし、それでも住所が不定だったり、貯蓄も年収もないとそれが原因で審査が厳しくなってしまう可能性も考えられます。年収の欄には自己申告で好きな数字を書き込めるので、ちょっとした収入も年収に含んで書いておくといいかもしれません。

ただ、あまりにも不自然な数字を入れるとバレるので盛るのは控えめにしておきましょう。

クレジットカードヒストリー

申込可能な年齢に達しているのであれば審査は誰でも受けられます。あとは過去にクレジットカードやお金のトラブルを起こしていないかが問題になってきます。

イオンカードの審査が通らなくなるようなお金のトラブルというのはどのような事を言うのでしょうか。少し書き出してみましょう。

・携帯電話料金の支払いを遅れた/踏み倒したことがある

意外とつまづく人が多いのがこの項目です。携帯電話料金の支払いを遅れたり、踏み倒したことがある人はクレジットカードを発行してもらえない可能性が高いです。

携帯電話料金とクレジットカードにいったいどのような関係があるのかというと、これは携帯電話端末料金の分割払いと関わっています。

いま携帯ショップに行き、新しい携帯を買おうとすると月賦払いで新しい端末を買うことになりますよね。例えば「最新iPhoneが実質0円」というのはiPhoneの値段を24ヶ月に渡って払っていくから割引になり実質0円となるわけです。

24ヶ月掛けないと払えないiPhoneの代金は最初はどこから出ているのでしょうか?実は携帯ショップの契約書をよく見るとローンを組んで先に携帯を購入するという事が書かれています。

携帯ショップでiPhoneを買う時はまずローンを組んで携帯を買い、そのローンを24ヶ月掛けて返済しているわけです。

ローンの返済はどうなっているのかというと、実はこれは携帯料金に含まれています。携帯通信料に携帯端末料金の返済代を上乗せしたものを毎月払っているわけです。

では何故携帯料金の支払いが遅れるとイオンカードの審査に響くのでしょうか?それはもし携帯料金の支払いが遅れると、ローンで買った携帯代金の支払いも遅れたとみなされてしまうからです。

するとあなたの信用情報には「ローンを組んで携帯を買ったが、支払いが遅れた」と書き込まれてしまいます。この信用情報はローンをくんだ時点で覗かれたり書き込まれてしまうことはさけられないので、こうなってしまうともはやどうしようもありません。

支払いに1回遅れたくらいでは審査が厳しくなるということは無いかもしれませんが、何度も何度も遅れたり、踏み倒したりするとその情報を元にカードの発行が拒否されるかもしれません。

・借金の支払が遅れたことがある/踏み倒したことがある

携帯電話の時と同じですね。日本でお金を借りるときには、契約書にサインをする必要があります。その契約書には必ず「あなたの同意を持ってあなたの信用情報を見て、追記することを許可します」と言った文面が書き込まれています。

日本には信用情報機関、もしくはCICと呼ばれる機関があり、そこでは全てのお金を借りたことがある人の貸し借り・返済のデータが保存されています。

携帯電話をローンで買ってもこの信用情報には追記され、あとで返済がちゃんと出来たかどうかについて記載されていきます。

お金を借りたことがあり、ちゃんと返したかというのは自分が言わなくてもクレジットカード会社は自分で調べる方法をもっているので、もし過去にお金を借りたのに返さなかった、もしくは踏み倒したという経験がある人はクレジットカードを作る上でかなりマイナスに働きます。

もし過去にそのような体験がある人はたぶん審査には通らないでしょう…

・借金をしたことがない/携帯を持ったことがない

借金の支払いに遅れると審査は厳しくなりますが、逆に借金をしたことがない人も審査が厳しくなります。矛盾の用に感じますが、何故そのような事が起きるのでしょうか。

カード会社が個人にカードを発行する時、会社は信用情報を見てその人は信用出来るかどうかを確認します。過去にお金を借りているがきちんと返済したというデータが残されていれば、クレジットカード会社は安心してその人にカードを貸すことが出来ます。

しかし、もし信用情報を見ても何も書かれていなかったら、つまり産まれてから一度もお金を借りたりしたこともなければ、分割払いで携帯を買ったこともない場合、クレジットカード会社は何を信じればいいかわからなくなるわけです。

クレジットカードの審査で最も有利な人というのはやはりお金を貸してもちゃんと返している人であり、過去に全く何も借りていない人は逆に信用出来ないようなのです。

ただ、20代、30代の場合お金を借りたことがない人のほうが多いので借りたことがなくてもカードは作ってくれることが多いようです。一方で、40代以上でお金を借りたことがない人がイオンカードを作ろうとしても信用情報がないので審査に落ちた…というケースもあるようです。

今時お金を借りたことは無いし、携帯電話も持ったことがない人はほとんどいないはずなので殆どの人はこのケースには当てはまらないとは思いますが…もし完全に潔白なはずなのにイオンカードの審査に落ちた場合、このケースの可能性があります。

いかがでしょうか。自分が当てはまりそうなケースは有りましたでしょうか。

無かった場合、恐らく何の問題もなく審査には通るでしょう。

審査時間とカードが届くまで

審査に関してはよほど過去の行いに問題がなければ通るでしょう。次に気になるのは審査時間と、実際にカードが手元に届くまでですね。

審査時間については人によってはまちまちだとは思われますが、今回は私の場合を乗せておきます。

まず私がイオンカードの申し込みをしたのが2015年8月18日の朝10時でした。

そして本人確認書類アップロード要請メールが来たのが2015年8月19日朝10時。ちょと1日後に届きました。

そして実際にカードが手元に届いたのは2015年8月31日でした。

イオンカードの審査は本人確認書類アップロード要請メールが来た時点で完了しているので、審査は24時間で終了し、カードは審査後12日で手元に届いたことになりますね。

人によってこの時間は前後するかと思われますが、少なくとも私は審査は1日で終了しました。

よほど過去に倫理的にまずいことをしていなければ、イオンカードは持つことが出来るでしょう。

そもそもイオンカードは冒頭でも言ったとおりかなり審査の難易度が簡単な方なカードであるため、持つのに必要なのは社会的地位ではなく過去に何もトラブルを起こしていないかどうかなのです。

普通にいきている人は過去に返済トラブルを起こすことはないはずなので、おおむねどのような人がイオンカードを申請しても審査は間違いなく通るでしょう。

イオンカードを作ろうと思っているが、電話確認や在籍確認で電話をかけられるのは非常に面倒くさい…

どうせなら電話確認のないカードがいいと思っている人はかなりいるはずです。そこで今回はイオンカードの電話確認について解説していきます。

電話確認はある?

まず言ってしまうと、イオンカードが電話確認をしてくることはほとんどありません。

クレジットカード業界も、客が電話確認をされるのは面倒くさいから辞めて欲しいと思っている事は重々承知であるようで、最近は電話による在籍確認をするクレジットカード会社の方が少なくなっています。

もちろんこれは楽天カードやイオンカードのような比較的発行してもらいやすい庶民向けカードでの話ですが…とにかく会員数を増やすためにも、可能な限りお客の負担を下げてどんどん発行してもらおうという流れではあります。

なので、イオンカードを申し込んでも電話確認がなされることはまず無いでしょう。

実際に口コミなどを調べてみても、イオンカードを申し込んで電話確認が来たという話は殆ど聞きません。また、職場に電話が来たという話も必ず数年前の話となっています。

恐らく私の考えでは昔はイオンカードもキッチリと電話による在籍確認を行っていたものの、楽天カードのような電話確認なしでもバンバン誰にでも発行してくれるカードが誕生し、客がそちらに流れることにより、客がやっぱり電話確認なんて望んでいない事が明らかになり、電話確認を最低限まで減らしたのではないでしょうか。

恐らく現代でイオンカードの審査時に電話が掛かってくる可能性は宝くじなみに低いのではないでしょうか。

電話確認がされそうな人

念のため、電話確認が行われそうな人のリストアップをしておきます。当てはまる人は注意…!

注意と言っても電話確認なんて「本人ですよね?」「はい。」くらいのやり取りしかないので別に大したことでは有りませんが…

イオンカードから電話確認がされそうな人はこんな人です。

最近仕事に就いたか、転職した人

いままで仕事に就いていなかったはずなのに審査時には職についている事になっている、もしくは他のクレジットカード会社に申請してきた仕事場と今回申請してきた仕事場がぜんぜん違う…という場合は電話確認があるかもしれません。

クレジットカード会社にとってはその人に安定した収入源があるかどうかというのは死活問題です。収入源のない人にお金を貸しても帰ってくるとは思えませんからね。

なのでクレジットカード会社というものは職業欄に誤りがあるかどうかというのは非常に敏感です。もしその欄におかしい部分があった場合、電話による在籍確認を行う可能性が高まります。

社会人になっていきなりカードを申し込んだりすると電話確認をなされる可能性が高いというわけですね。

未成年の場合

未成年の場合は100%電話確認が行われます。

イオンカードは未成年でも発行が可能なカードですが、未成年に対して発行する場合、親の同意が必要になってきます。この親の同意を得るために電話で確認をしてくるわけです。

もし未成年で親に内緒でクレジットカードを作ろうと思っているのであれば…諦めましょう。職業欄にスナイパーと書いても審査が通ると言われている楽天カードですら未成年のカード発行には親の同意が必要となっているため、親の同意無しで未成年が発行できるクレジットカードはおそらく今のところ日本にはありません。

今まで借金をしたことが無い人

不条理に聞こえるかもしれませんが、今までに借金をしたことがない人というのはクレジットカード会社にとってかなり不気味な人間に映ります。

今までに借金をしたことがない人間は一見クリーンに見えますが、クレジットカード会社の目には「借金をちゃんと返すタイプの人間なのかという情報が全く無い人間」と映るのです。

クレジットカード会社が人にカードを発行する時、クレジットカード会社は信用情報機関にアクセスし、申し込んできた人が過去に借金をして返したことがあるかについて調べるのですが…もしそこに情報が全く無いと逆に怪しまれるわけです。

この時言う「借金」には携帯電話端末料金の分割払いも含まれるので、正確には「借金もしたことないし、携帯電話を実質ゼロ円で購入したこともない人」が危険ということになります。

もし今まで誠実に借金フリーの暮らしをしてきた場合、電話確認がおこなわれるかもしれません。

ちなみに、若い場合は問題ないかと思われます。若くて借金していたらソッチのほうが珍しいですからね。借金をしたことがない30〜50代が申し込みをしてきた場合が一番危ないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] イオンカードの審査は楽天カードほどでないもののかなり低めとなっており、楽天カードと同じくよほどのことがない限り審査に落ちることはないと言われています。 […]

  2. […] 個人的にはイオンカードなんかは審査もゆるくて発行も早いのでおすすめです。 […]