イオンカードのゴールドカードについて徹底解説!

ゴールドカード…なんと高級感のある呼び名でしょうか。クレジットカードを持ったことがあるのならば、ゴールドカードに憧れたことが1回くらいはあるはずです。

しかしながら通常のゴールドカードは年会費が1万円だったり、ベンツを毎月買うような金遣いをしていなければ手に入れることは出来ないイメージが有るはずです。

クレジットカードと言えばステイタスの象徴でもありますね。

難易度の高いクレジットカードを持っていれば、ふとした時の支払い時にちょっと鼻の高い思いが出来ること間違いなし…!

さてそんなゴールドカードですが、実はイオンカードのゴールドカードは難易度が非常に低く、やろうと思えば誰でも1年で取れるものとなっています。

今回はそのイオンカードのゴールドカードについて解説していきましょう。

ゴールドカードの条件

Screenshot at Jun 21 17-19-23

イオンカードのゴールドカードの条件ですが、何種類か存在するようです。

イオンカードを使ってインビテーションをもらう

まずイオンカードを利用することによって達成できる条件ですが、それは1年間で100万円以上イオンカードを利用することです。

100万円と聞くとちょっと多すぎてめまいがするかもしれませんが…1年で100万円となるとそこまで難しい話ではありません。12で割ればひと月あたり83,333円です。

毎月の出費を全てイオンカードで支払うようにしていけば問題はないはずです。例えばコンビニなどでの細かい買い物も全てイオンカードを使い、可能なら例えばお米や飲み物といった生活必需品もイオンカードを使って購入する…みたいなことをすれば何とかなるはずです。

飲み会の支払いを自分から率先してするみたいなのもいいですね。とにかく年間100万円以上使うことに成功すれば、イオンカードからインビテーション、つまり招待が届きゴールドカードにアップグレードすることが出来るようになります。

ただ、イオンカードを年間100万使ったのにインビテーションが届かないという人も存在します。どういう人にインビテーションを送っているのかというのはイオンのみが知るところであるため、実は明確な基準は存在しません。

人によっては累計500万使わないといけないだとか、1年間で120回以上使わないといけないみたいなことをいう人も居ます。

ただ、基本的には年間100万円の利用で届くはずなので、もしいろいろなクレジットカードを使っていたり、もしくは違うクレジットカードでいつも決済していた場合はイオンカードに統一してみるといいかもしれません。

住宅ローンでゴールドカードゲット

イオンカードの利用額によるゴールドカードの招待待ちは微妙に不明確で実際に手に届くまでの期間も長いため、可能なかぎり早くゴールドカードが欲しいと考えている人にとってはあまりお勧めできません。

どうしても今すぐイオンのゴールドカードが欲しいという人はイオンの住宅ローンを利用するという手もあります。

Screenshot at Jun 17 21-42-17

見ての通り、イオンの住宅ローンをつかえばゴールドカードがもらえます。

でも正直ゴールドカード欲しさに住宅ローンを乗り換えるのってだいぶ難易度高いですよね…

もし住宅ローンが組みたくて、かつイオンのゴールドカードも欲しいみたいな条件がピタリ一致している人がいたらイオンの住宅ローンに申し込んでみてもいいでしょう。

ゴールドカードの年会費

さて、ゴールドカードの年会費ですが…なんと無料です!!

普通ゴールドカードと言ったら年会費1万円以上は当たり前なのでかなり太っ腹なカードと言えるでしょう。

まあ、年間100万円も使わなければ手にはいらないので当たり前といえば当たり前かもしれませんが…

ゴールドカードのメリットと特典

ゴールドカードと言えば…そう、特典ですね。

なんの特典もなしにステイタスだけを求めてゴールドカードを目指すという人はあまりいないはずです。イオンカードにはもちろんゴールドカードだけの特典が付いてきます。

イオンカードのゴールドカードには様々な特典が付いてきますが、1番有名で使い勝手がいいのはこれでしょう。

ラウンジ

イオンカードゴールドカードを持っている人はラウンジに無料で入ることが出来るようになります。

ラウンジと言うと色々なものを思い起こすかもしれませんが、イオンカードのゴールドカードにおいてのラウンジはイオンラウンジ羽田空港ラウンジの2つのことを指します。

イオンラウンジ

イオンラウンジはイオンが用意している、ゴールドカードホルダーとイオン株主だけが入れる秘密の空間です。

Screenshot at Jun 21 16-33-58

この空間にはマックスバリュの飲み物や食べ物が用意してあり、ラウンジに入る資格を持っている人ならば自由にそれを試すことが出来ます。

他には椅子や新聞・雑誌、イオン関連のちらし、パソコンなどが用意されているので、誰かの買い物を待つ間イオンラウンジでくつろぐ…なんて使う方もできます。パソコンはイオン関連のサイトしか見ることが出来ないよう制限されているので実質チラシと変わりませんが…

イオンラウンジはイオン直営店のどこか隅のほうにあるので、探してみるといいでしょう。ただ、ある程度大きなイオンでなければイオンラウンジが併設されていない事があります。

新しく出来たイオンにはまず間違いなく併設されているはずですが、昔からあるイオンには無い可能性があるので、最寄りのイオンにイオンラウンジがあるかどうかは一度確かめてみるといいでしょう。

羽田空港ラウンジ

ゴールドカードに付帯しているものと言えばで思いつくのが空港ラウンジですね。

ご多分に漏れずイオンカードゴールドカードも空港ラウンジが付いてきます。

SONY DSC

ただ、実質タダで貰えるゴールドカードであるがゆえ、日本国外のラウンジには対応していません。それでも羽田空港から旅行によく出かけるという人にはかなり役立つかもしれませんが…

イオンカードゴールドカードを持っていると羽田空港のラウンジに入ることが出来ます。羽田空港ラウンジ中では無料の飲み物やテレビ、新聞、椅子などにありつくことができます。

早めに空港についてラウンジ内でダラダラと待つのもいいですね。飛行機が付くまで待つほど暇なことはありませんからね…スマホ用電源なんかも取り合いになりますし…

他にもパソコン、マッサージチェア、コピー機、Wifiなどが用意されているようですが、これらは有料となっているようです。

保険

ゴールドカードに付帯しているものと言えば…保険ですね。

例によってイオンカードゴールドカードにも保険が付帯しています。

海外旅行保険

イオンカードゴールドカードを持っている人が海外旅行に行って…

死亡:3000万

障害による治療費用:200万

疾病による治療費用:100万

賠償責任:3000万

携行品損害:30万

救援者費用:100万

を受け取ることが出来ます。

日本人はスマホやバッグでスタバの席をとったりすることがありますが、海外でそれをやると30秒で闇マーケット行きになるので、携行品損害30万が付いているのはいいですね。

どれも出来ればあってほしくない自己ばかりですが…日本の保険が効かない所での万が一に対応できるようになると考えると頼もしい保険ばかりです。

国内旅行保険

イオンカードゴールドカードを持っていると、それだけで国内旅行中にケガを被った場合に保険がおります。

障害による死亡・後遺症:3000万

障害による入院:日額5000円

障害による通院:日額3000円

イオンカードゴールドカードさえ持っていればたとえ沖縄に泳ぎに行ってクラゲにさされて通院が必要になっても保険がおります。

安心してクラゲに刺されましょう。

ショッピングセーフティ保険

イオンカードゴールドカードで購入した5000円〜300万円までの商品が事故によって被害を被っても、180日以内なら300万円まで保証するという保険です。

なんとなくコレが1番使い勝手良さそうです。ただ、自動車・原付・自転車・コンタクトレンズ・現金や小切手・貴金属・指輪・絵画などなど…は除外品なので正直何に適用されるのかよくわかりません。

また、会員の過失が大きかったり、故意の場合は降りないとも書いてあるので…この保険を最大限使うには…

一人暮らしを始めるにあたってイオンで冷蔵庫・洗濯機・テレビを買って、持ち帰る途中に対向車に突っ込まれた拍子に車がダムに突っ込んで沈めてしまった…みたいな場合なら全額保険が降りるような気がします。

まあ…あんまりないかもしれませんが、保険が無いよりはマシですよね。

限度額

ゴールドカードのようなハイランクなカードには限度額がウルトラ高いイメージが有ります。

Screenshot at Jun 21 17-06-49

よくドラマなんかでありますよね。金持ちの御曹司みたいな人がブラック金持ちカードみたいなのを持ってポルシェなんかを一括で買うシーン…

イオンカードをゴールドカードにするのはいいとして、限度額が例えば1000万円くらいに設定されてしまったら困る!なんて考えている人もいるでしょう。イオンカードゴールドカードの限度額って一体どうなっているのでしょうか…?

そのイオンカードのゴールドカードの限度額ですが、実はこれは年収によります。

ゴールドカードになったからといって、いきなり限度額が跳ね上がったりはしません。高くても80〜150万くらいに自動設定されるはずです。

そもそもイオンカードのゴールドカードというのは年間100万くらいつかえば誰でも手に入るカードなので、限度額をいきなり1000万にする意味はありません。

なのでゴールドカードだからといって限度額が跳ね上がったりすることはないのです。ただ、一時増額サービスを使えば150万以上に上げることは可能です。

家族カードはどうなるの?

イオンカードといえば家族カードがただで3枚も付いてくるから使っているなんて人も少なくはないはずです。

家族カードは基本的にイオンカードと同じ効果・特典を持っているため、それが欲しくてイオンカードを選んだ人もいるはずです。

さて、そのイオンカード家族カードですが、もし持ち主がゴールドカードになった場合はどうなるでしょうか?

答は当然家族カードもゴールドカードになるです。

家族カードはメインカードと同じ特典を持っているので、家族カードを使っていても同じ特典を得ることが出来ます。太っ腹ですね〜

ちなみに家族カードを使ってもゴールドカードの条件となる年間100万円にはカウントされるため、家族全体で家族カードを使っていけばゴールドカードの条件は案外すぐ達成できるかもしれませんね。

券面について

イオンカードの券面は基本一種類ですが、イオン店舗で申し込んだ人はネット申し込み特典がもらえない代わりにディズニーの券面を選ぶことが出来ます。

Screenshot at Jun 21 17-17-16

いいですよねこのデザイン…アメリカの便箋風の縁取りに旧ミッキーの切手が付いている風のデザインです。

私も本当はこちらが欲しかったのですが、ネット申し込み特典である6000ときめきポイントにつられて普通の券面にしました。

さて、もしこのディズニーデザインのイオンカードを持っていてゴールドカードの条件を達成したらどうなるのでしょうか?

答えは単純に、ゴールドカード・ディズニーデザインのイオンカードが送られてくるです。

Screenshot at Jun 21 17-20-42

う〜ん…これはこれでいいのですが、元のデザインの良かった部分が全部失われています。元のデザインを知った上でなければ微妙ですね。

左上のイオンカードのマークと、右下のJCBのマークもゴールドになっていたら統一感が出てもうちょっといい感じになっていたかもしれません。

さて、イオンカードのゴールドカードですが、券面は選ぶことは出来ません。もし最初にノーマルのイオンカードを発行してもらっていた場合はノーマルのイオンカードのゴールドカードが、ディズニーデザインのイオンカードを発行してもらっていた場合はディズニーデザインのゴールドカードが届くようになっています。

ゴールドカードを発行してもらえる時に変更出来ればいいんですけどね。

ちなみに、ゴールドカードに切り替わる際の番号ですが、VISAを使っている場合のみ変更となります。ゴールドカードを目指してイオンカードを発行しようと考えている場合はここらへんを考慮しておくといいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする