イオンカードと株主優待を併用してお得に暮らそう

株主優待…こう聞くと雲の上の存在だとか、素人が手を出すとペンペン草も生えないレベルまで搾取されるだとか、ギャンブルだとか、桐谷さんだとかいろいろ考える人が居るかもしれません。

たしかに株は不安定です。株に投資したお金はもちろん増えることも有りますが、減ることも有ります。

ですが、イオンカードの株主優待は、意外と安く手に入る上にその特典内容がそもそもメチャクチャお得です。

今回はそんなイオンの株主優待について解説していきます。

イオンの株主優待

キャッシュバック

さまざまな場所でお得であるとの声が高いうわさのイオンの株主優待はどれくらいお得なのでしょうか。

イオンの株主優待ですが、イオンの株を一定量保有するとイオンよりオーナーズカードというカードが送られてきます。images

このオーナーズカードをイオン系列の店で買物をする際に提示すると、なんと…持ち株量によって3〜7%の割引を受けられます。

この割引を受けられるかどうかは、お客様感謝デーかどうかであるかは全く関係ないため、オーナーズカードを持っていれば毎日がお客様感謝デーとなる訳です。物凄くお得ですよね。

このオーナーズカードはイオン系列の店であればどこでも利用できるため、イオン系列のジャスコ、ダイエー、マックスバリュなどの店でも使うことが出来ます。

もし最寄りのスーパーがイオンで、例えば毎年100万円分食料品などをイオンで使ったとします。

すると、株主優待によるキャッシュバックにより3〜7万円が毎年還ってきます。コレに加えて配当金もあるので…最寄りスーパーがイオンならばイオン株に投資した分の金額はすぐに元が取れてしまうかもしれませんね。

イオンラウンジ

オーナーズカードはイオンラウンジに入るのにも使うことが出来ます。

イオンラウンジとは、新しく出来たイオンにはかならずあるラウンジです。

Screenshot at Jun 21 16-33-58

そのラウンジの中では、トップバリュ製の食べ物や飲み物を無料で食べられたり、新聞やインターネットを利用することが出来ます。

詳しくはイオンカードゴールドカードの記事に書いてあります。

イオンカードゴールドカードの記事で紹介されていることからも分かるように、イオンラウンジというのは本来、イオンカードゴールドカードを保有している人しか入ることが出来ます。

イオンカードをゴールドにするには、年間100万円以上イオンカードを使う必要があるのですが、オーナーズカードを持っていればそんなことをする必要はありません。

イオンラウンジには入ってみたいけど、ゴールドカードなんて作るには無理…という人にもちょっとオススメできます。

その他割引

オーナーズカードを持っていると、キャッシュバック以外にも様々なお得特典があります。

例えばイオンシネマではオーナーズカードを提示すると鑑賞料金が300円引きになります。

それに加えて、ポップコーンかドリンクの割引券がオーナーズカード1枚につき1枚発行されます。

イオンで買い物はしないけどイオンシネマで映画は見るという人にはお得ですね。

平日では映画とポップコーン合わせて600円ほどお得になるので、月2回映画を見に行く人は1年で14,400円お得です。

また、20・30日のお客様感謝デー、もしくは早朝・深夜のハッピーナイトなどではオーナーズカードを提示すれば1000円になります。

イオンシネマ以外にもイオンペットやイオンイーハートなどの、イオン系列の店ならば何かしらの特典があるようです。

オーナーズカードの最大の利点

オーナーズカードの最大の利点はキャッシュバック率や割引量はポップコーン券などではありません。

オーナーズカードの最大の利点、それはイオンカードのポイントやお客様感謝デーと併用できるという点です。

つまり、お客様感謝デーにオーナーズカードを提示して、オートチャージを設定しているWAONで支払いをすると…

  • お客様感謝デー(5%オフ)
  • オーナーズカード(3〜7%キャッシュバック)
  • オートチャージWAON支払い(1%還元)

これらの割引が全て受けられるのです。

最低でも9%引き、最高で13%引きです。ここまで割引が効くカードなんて他にありますでしょうか。いえ、ありません。

買い物を20日30日にのみ絞ってアメリカのように大量購入生活をすれば生活費を1割程度削減できるということになりますね。年間100万円分イオンで生活必需品を買っているのであれば9〜13万円が節約できる計算となります。

もちろん毎月10日に開催され、ポイントが5倍になるありが10デー、毎月5・15・25日に開催され、WAONポイントが2倍になるお客様わくわくデーでの併用も可能です。

うまくイオンで生活必需品を買い込む日付を調節すれば、ものすごくお得にイオンで買い物が可能になるわけですね。

オーナーズカードの取得費用

オーナーズカードがお得なのは分かったけど、いったいいくらかかるの?と考えている人もいるでしょう。

オーナーズカードは株主優待の特典であるため、イオン株を100株以上持っている人に配られます。

つまり、イオンの株価によってその価格は上下することになります。

今現在(2016年8月4日)の価格ではイオン株価は1,405円であるためオーナーズカードが欲しければ最低140,500円の投資が必要になってきます。

「年間数万円のキャッシュバックを受けるために15万近くを払うのはちょっと…」と思うかもしれませんが、株はいつでも売って現金に戻すことができます。

例えばイオン株を15万で購入し、1年使って1万円のキャッシュバックを受け取ったとします。

そのイオン株は価値が変わっていなけれあばまた15万で売れるので、そのタイミングで売った場合15万+キャッシュバックで貰った1万円が手元に残ることになります。

もちろん株価は上下するのでイオン株が上がって20万円くらいになっていて6万儲かるかもしれませんし、10万になっていて5万損することもあります。

ただ、イオンをメインのスーパーにしているのであれば、イオン株を持ち続けている限りオーナーズカードのキャッシュバックは受けられ続けるので、どれだけイオン株が下がってもいずれは元が取れるでしょう。

何より、これだけ全国に展開して今や庶民の生活の基盤となったイオンの株価が何もなしに大幅に下がるとは到底思えないので、イオン株を購入していきなり大損をこくということはあまり考えられません。

もしイオンをメインのスーパーにしているのであれば、是非ともこちらよりイオン株を取得してみては如何でしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする