イオンカードは大学生や未成年でも作れる?

大学生活を楽しく送りたければ必要なのは是非とも持っておきたいのがクレジットカードです。

クレジットカードがあれば、現金を何枚も何枚も持ち歩かなくても良くなりますし、インターネットショッピングも楽になります。大学生で自分のカードを持っている人なんて少ないので、例えば友達の目の前で「カードで…」なんて言えたらちょっとカッコいいですよね。

色んな面で大学生がクレジットカードを持つメリットはたくさんあります。それでは実際問題大学生はクレジットカードを持つことが出来るのでしょうか?今回はそんな疑問に答えていきます。

クレジットカードは18歳以上なら誰でも持てる

クレジットカードは基本、18歳以上なら誰でも持つことが出来ます。

つまり大学に入ったばかりでまだ18歳・19歳の人の未成年の人でも、バイトくらいかしていない、もしくは仕送りだけで生活している大学生でも持つことは可能です。

ただし、18・19歳の未成年の場合は自分一人の判断でカードを持つことは出来ません。親の許可が必要になってくるので、そこは注意しましょう。

親の許可を得る手段としては自宅への電話確認という手段が取られているようです。未成年でイオンカードが欲しい場合は先に親に頼み込んでおく必要があるというわけですね。

未成年の場合は親がマトモかどうかというのを審査してカードの発行が行われますが、未成年でない大学生の場合は普通に審査にかけられます。これはお金がない大学生の場合はうまくパスできるのでしょうか…?

成年大学生の場合、審査はどうなる?

未成年でない大学生がイオンカードを発行してもらおうと思ったら、ちゃんとした信用審査に掛けられることになります。

クレジットカードの審査をする際、クレジットカード会社はその人物が信用に足るかどうかを調べます。

信用に足る人物かというのは指定信用情報機関、もといCICに保存されている特定人物の過去の借金・返済の記録を照会することにより明らかになります。

つまり「過去にお金を借りたことがあるが、確実に返済した」という記録が大量に残っていればいるほどその人は「借りたお金を必ず返す人間である」と断定できるわけですね。

クレジットカードはそもそも買い物をした金額をクレジットカード会社が一時的に建て替えておいて、月末に一括請求するという仕組みで出来ているので、買い物をした後逃げてしまいそうな人間にはクレジットカード会社も出来るだけカードを発行したくないのです。

さて、大学生であれば金を借りて返したという経験はあまり無いかと思われます。しかし、現代社会では実は1つだけ誰でもCICに金を借りて返したかどうかの情報が保存されているはずです。

それは…携帯端末代金の分割払いです。携帯ショップに行って新しい携帯を買う際、24回払いで携帯端末代金を払っていくことになりますが、それも実は借金としてカウントされているのでCICに情報が保存されています。

もしこれまでに、例えば高校生の時に携帯を分割払いで購入し完済した記録があるのなら、CICには「この人は17歳の時に24回払いで8万円のiPhoneを完済した」と記録されているわけです。

その経験があるのならば、十中八九審査には通るはずです。恐らく現代の大学生はみんなその経験があるはずなので、何も心配しなくても、そしてバイトで年収が60万くらいしかなくても、もしくは親の仕送りだけで細々と暮らしていたとしても審査には通るはずです。

クレジットカードの申込時には年収を書く欄がありますが、自己申告ですのでクレジットカード会社側はそこまで本気にしておらず、このCICにある情報をほとんど頼りにしているようです。

こういう人は審査がキビシい

クレジットカードの審査に落ちるという話はたまに耳にしますが、イオンカードは比較的審査がゆるい方なのでよほどの事がなければ落ちることはないでしょう。

イオンカードの審査で落ちる人はそれなりの理由があるはずです。例えば…

携帯料金の支払いが遅れた・踏み倒したことがある

携帯料金には端末代金、つまり借金の返済が含まれています。携帯料金の支払いが遅れると、それはイコール借金の返済に遅れたという事になります。

この情報はもちろんCICには借金の返済に遅れたと記録されますので、携帯料金の支払いが遅れたことがある人は審査がちょっと厳しくなるかもしれません。

また、踏み倒したことがある人はもう問題外ですね。多分ムリです…

10年経てばブラックリストから外れるらしいので、29歳になったらもう一度申請しましょう。

携帯を分割払いで払ったことがない

白ロムやMVNOなどを活用するハイパー高校生として活躍していた場合、携帯端末代金を分割払いで払ったことがないという事になるかもしれません。

この場合、CICには何も情報が行きません。何も情報が無いと言う事は信用に足る人物かどうか全くもって不明ということになります。

この場合でも審査に落ちてしまうという場合があるようです。もっとも、このパターンは中高年に多いようなので大学生くらい若い場合は大丈夫だとは思われますが…

どの場合でも、とりあえずは審査はされてみないとわかりませんけどね。審査を受けることによるデメリットは特に無いので、申し込みだけしておくというのはありかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 那賀 嘉生 より:

    家族カードを作りたいのですが大学の入学式が終わるまで作れないのでしょうか?すでに大学には合格しています。

    • イオンカードマスター より:

      家族カードでしたらおそらくは入学式を待たずとも、というよりもむしろ未成年でも作れるかと思われます。
      自分だけのカードが欲しい場合、18歳以上なら作れるはずです。