イオンカードはダサい?

クレジトカードにはステイタスというものがあります。

ステイタスというのは地位や名誉を表す言葉で、ステイタスが高い…もしくは低いみたいな使われ方をします。

クレジットカードとステイタスという言葉を同時に使うとき、それが意味するところは「そのクレジットカードを持っているとカッコいいかどうか」となります。つまりクレジットカード業界ではステイタスが高いカードを持っているのがカッコ良くて凄く、ステイタスが低いカードを持っているとカッコ悪くダサいのです。

たとえばアメックスセンチュリオンカードなんかは非常にステイタスの高いカードとされており、クレジットカードに詳しい人が見たら水戸黄門の印籠を見せつけられた悪者のように秒速で土下座するくらいのステイタスがあります。

American-Express-Centurion-Card-02-690x454

私も、もしアメックスセンチュリオンカードを見せてもらったらいつでも靴を舐め舐めする準備が出来ております。それくらいこのカードはとんでもなくものすごくとてつもない物なのです。

さて…一方イオンカードですが、果たしてイオンカードにはステイタスはあるのでしょうか?あったとして高いのでしょうか、低いのでしょうか?

ステイタスはどう決まるか

クレジットカードがダサいかどうかを決めるステイタスですが、これはどう決まるのでしょうか。

これについて明確な線引きはされていませんが、一般的には以下の様な要素で決まるとされています。

  • 審査難易度
  • 年会費
  • 利用額上限

3つ挙げましたが、年会費も利用状況も高い審査難易度あってのものなので基本的には審査難易度が高い=ステイタスが高いと考えていいでしょう。

先ほど上げたアメックスセンチュリオンカードなんかは審査難易度がウルトラ高いと言われています。

このカードはインビテーション、つまり招待を受けなければ発行することが出来ないカードとなっています。招待を受けるにはアメックスのカードを使って使って使いまくって、クレジットカード会社に「私はこんなにお金持ちで支払い能力もあるんだよ」と見せつける必要があります。

「年間いくら以上使う」という審査があるわけですね。どれくらい使えばこのカードの招待が来るかというのは分かっていませんが、噂によると年間3億くらいは使わなければ招待が来ないとか…

だからこのカードはステイタス最上位と言われているわけですね。

イオンカードのステイタス

さて、気になるのはイオンカードのステイタスですが…これはどれくらいなのでしょうか。

クレジットカード業界ではステイタスが高い=カッコいいという図式が出来上がっているので、どうせクレジットカードを作るならカッコいいカードがいいと思っている人はどうしても気になる所でしょう。

イオンカードのステイタスは、一般的には中の下とされています。

そもそもイオンカードというのは一般的な家族向けに作られたクレジットカードです。イオンの商売ターゲットに対して作られたカードというわけですね。

イオンに来るほとんどの人はそこまでお金持ちではありません。なのであまり審査難易度の高いクレジットカードを作ってしまうとせっかくのターゲットを逃してしまうことになります。

そこでそこまで審査難易度の高くない中の下くらいに設定しているわけですね。

それでも楽天カードなんかと比べると全然ステイタス高めですけどね。楽天カードは申し込みさえすれば誰でも作れるカードなので、必然的にステータスもかなり低めになっています。

ステイタスは気にしない方がいい

こんなにステイタスの事を書いておいて何ですが、ステイタスなんてものは気にしないほうがいいと私は思っています。

クレジットカードの格付けランキングは、審査難易度がクレジットカード会社によって変わってくる以上、どうしても存在してしまいます。

しかしながら、そんな事を気にして難易度が高いクレジットカードや、年会費の高いクレジットカードを手に入れようとするのはまったくもってナンセンスです。

なぜなら…世の中のほとんどの人はあなたのクレジットカードなんて見る機会はないし、クレジットカードがどれくらいのステイタスを持っているのかなんて興味が無いからです!!

そもそもこの記事を読むまでアメックスセンチュリオンカードが年間3億くらい使わなければいけないステイタスのウルトラ高いカードであることを知っていた人がどれくらいいるのでしょうか?

普通の人のクレジットカードに対する認識なんてそんなもので、普通はクレジットカードが何であろうと別に気にしません。

たとえ自分がダイナースカードなんかを持っていても、その真価に気づく人が本当に自分の回りにいるのかをよく考えましょう。

ダイナースカードの凄さを自慢しようとしてクレジットカードを取り出しては自慢する…みたいな嫌なやつになるくらいなら、しれっと普通に楽天カードを使って支払いする人になりましょう。

また、ステイタスの高いカードを手に入れるには、結局のところやはり最初はステイタスの低いカードで利用・支払いを繰り返してクレジットカードヒストリーを築き上げていく必要があります。

クレジットカードを利用・支払いをすると信用情報機関にその旨が登録されます。クレジットカード会社はそれを見てクレジットカードを発行するかどうか決めているので、ステイタスの高いクレジットカードが欲しければまずイオンカードみたいな審査難易度の低めのカードを手に入れなくてはいけないのです。

ステイタスを理解できる人間が少ないと知りながらも、なおステイタスの高いクレジットカードが欲しい人は…どっちにしてもイオンカードみたいな所からスタートしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする