イオンカードとApple Pay

iPhone7におサイフケータイ、もといApple Payが搭載されるということで、おサイフケータイに興味を持ち始めた人もいるかと思います。

iPhoneでおサイフケータイを使うにはクレジットカードをiPhoneに登録する必要があります。

この時登録するクレジットカードはマスターカード、JCBカード、アメリカンエクスプレスである必要があるので、VISAカードしか持っていない人は新しいカードを作り直す必要があります。

もしiPhone7のおサイフケータイにあわせてクレジットカードを作る予定で、イオンカードなんかいいなと考えている人のために、どのイオンカードを作ってどうすればいいのかについて解説していきましょう。

アップルペイとおサイフケータイ

iPhone7のおサイフケータイというはいわゆるおサイフケータイとは若干違っており、アップルペイの機能の一部としておサイフケータイが搭載されています。

軽く違いを説明すると、おサイフケータイで使った代金は携帯利用代金に請求されるのですが…

アップルペイではiPhoneにクレジットカードを登録し、そのクレジットカードを使っておサイフケータイの機能を利用します。

SUICAに残高をチャージする際、もしくはiD、Quickpayで支払いをする際はアップルペイに登録したクレジットカードを使い決済を行います。

つまり…iPhone7でおサイフケータイを使いたいと思うのであれば、まずアップルペイにクレジットカードを登録する必要があります。もしクレジットカードを持っていないのであれば、アップルペイやおサイフケータイを利用することが出来ないのです。

それではiPhone7でおサイフケータイを使うにあたって新しくクレジットカードを作ろうと考えたとき、何に気をつけたらいいのでしょうか?

ブランドについて

例えばイオンカードを作ろうとしたとします。イオンカードを作る際、考えられる選択肢のうちの一つにブランドがあります。

イオンカードを作る際、ブランドは何を選ぶべきかはイオンカードとブランドの記事で解説していますが、iPhone7で使うクレジットカードを手に入れるのにどのブランドを選ぶべきかという話になってくると勝手が少し変わってきます。

というのも、今のところアップルペイはVISAに対応していないからです。

私がクレジットカードを作ろうと考えている人にブランドをおすすめするのなら、絶対に「はじめの1枚ならVISA、2枚目以降ならマスターカードかJCB」と言います。

というのもVISAは世界で一番普及しているブランドであり、VISA1枚さえ持っていれば世界中どのレジに行ってもほぼ100%支払いが可能だからです。

しかしながらiPhone7のアップルペイのためにクレジットカードが必要な場合、VISAで発行してしまうとアップルペイに登録できず、おサイフケータイも利用できなくなってしまいます。

もし今からiPhoneのおサイフケータイのためにイオンカードを発行しようと考えているのならば、ブランドは絶対にマスターカードかJCBを選択しましょう。

既にイオンカードをVISAで発行してしまっている場合ですが、基本的にほとんど全てのクレジットカード会社はクレジットカードのブランド変更を認めていないため、新しく違うクレジットカードを作る必要があります。

楽天カードなんかはiPhone7のおサイフケータイとの相性も悪くないし発行までも早いので、新しくカードを作るならそれもいいかもしれません。

もしくは別の種類のイオンカードを発行してもらってもいいかもしれません。例えばビューカードが付いているカードを発行すれば、iPhone7に登録したsuicaをオートチャージ出来るようになって非常に便利になります。

種類について

イオンカードには沢山の種類がありますが、iPhone7のおサイフケータイに使うにはどれが1番いいのでしょうか。

個人的にはイオンsuicaカードがオススメです。イオンsuicaカードはイオンカードにsuicaカードの機能とiDの機能が搭載されているものなのですが、これ1枚だけ持っていればsuicaカード、クレジットカード、iD対応クレジットカードが全部手に入ります。

何よりビューカードであるため、SUICAのオートチャージに対応しています。電子マネー、特に頻繁に使う電子マネーのオートチャージは一度使い始めたらもう離れられません。

card-035

東日本以外ではICOCAなどそれぞれ独自の電車用電子マネーが普及していますが、suicaは日本中どこでも相互利用が出来るので、たとえICOCAが征服している土地でもsuicaで決済は可能です。

また、イオンsuicaカードは基本的にはビューカードであるため、suicaの機能をフルに使うことが出来ます。

特に便利なのはやはりsuicaのオートチャージでしょう。本来、suicaは残高を使い切ったら券売機でチャージをし直さなくてはいけません。しかし例えば「残高が3000円未満になったら2000円補充する」といったオートチャージを設定すると、もはや券売機に並ぶ必要がなくなります。

毎週毎週券売機に並んでSUICAのチャージをしているような人に是非体験してもらいたいのですが、一度オートチャージを始めたら楽で楽でもう絶対に元には戻れません。

ついでに電車にのることでポイントも溜まります。ほぼ固定費のようなところからポイントが発生するというのは大きな節約にも繋がりますよね。

次にiDですが、これも地味にうれしいですね。iDというのはドコモがやっている電子マネーなのですが、厳密に言うとこれは電子マネーというよりもむしろタッチで支払えるクレジットカードという意味合いのほうが強くなっています。

unnamed

通常、クレジットカードで支払いをするときはクレジットカードを出し、店員に渡し、店員に読取機に入れてもらい、番号を入力し、カードを返してもらう…というものすごく悠長な手続きが必要ですが…

iDであればそんな手続きは必要ありません。単純にタッチするだけで支払いが即済ませられます。

アップルペイと変わらないじゃないか…と思うかもしれませんが、アップルペイは2016年から日本で始まるのに比べ、iDは2005年から日本で使われています。

つまりどういう事かというと、iDはアップルペイとくらべて普及率が尋常でなく高いのです。アップルペイは使えないが、iDなら使える…という店舗は日本には星の数ほど存在します。

iDとsuicaを持っていて、両方をアップルペイに登録しておけば電子マネーに対応している店ならまず間違いなくそのどれかで支払いが可能になるはずです。

そういうわけで両方がついてくるイオンsuicaカードはお得なのです。まだイオンsuicaカードを持っておらず、これからアップルペイのためにイオンカードが欲しいと考えているのならば選択肢はイオンsuicaカードのマスターカードもしくはJCBブランド一択でしょう。

難点としては通常のイオンセレクトカードと比べて若干審査が厳しく、そして長く掛かるという点でしょうか。今すぐ申し込んでも実際に使えるようになるのは2週間〜1ヶ月後になるでしょう。

待ちきれない人は通常のイオンセレクトカードもいいかもしれませんね。通常のイオンカードにはiDやsuicaは付帯してはいませんが、それでもそれなりに審査や発行が早く、かつマスターカードかJCBを選んでいればアップルペイにも登録することが可能です。

また、通常のイオンセレクトカードでもiPhone7に登録すればiDでの支払いは可能になります。クレジットカードを直接読取機にかざしての支払いはできませんが、アップルペイを通じてiDの支払いは可能になるため、iPhone7のアップルペイのために新しいクレジットカードがほしいのであればイオンセレクトカードでもいいでしょう。

イオンカードとアップルペイ

アップルペイにイオンカードを登録すると、iDでの支払いが同時に可能になります。つまり、iPhone7に登録したイオンカードを使っておサイフケータイ的な支払いがしたいのであれば、レジにて「iDでの支払いをお願いします。」と言う必要があります。

具体的にはiDでの支払いをお願いしたあと、まずはiPhoneのロック画面の状態からホームボタンを2連続でタップします。

するとアップルペイの支払画面が開くので、指紋認証をした後レジについているFeliCaのロゴにiPhone上部を付けるのみです。

FeliCaのロゴ

FeliCaのロゴ

それにより何らかの決済音がなり決済が完了するはずです。その時の料金は登録しているカード、この場合はイオンカードに請求されます。

ちなみにこのiDによるタッチでの支払いはどの種類、どのブランドでのイオンカードでも可能になっています。

VISAブランドを選択していた場合に出来ないのはアップルペイによるサイト内・アプリ内決済のみであるため、おサイフケータイが利用したいだけなのであれば問題ないかもしれません。

アップルペイで支払うべきかWAONで支払うべきか

アップルペイが使えるようになったからと、何でもかんでもアップルペイで支払いたくなる人もいるでしょう。

私もその口で、最近は何でもかんでもアップルペイで払っています。

しかし…イオンカードを使っているのなら、絶対にアップルペイを使ってはいけないシチュエーションがあります。それは…WAON支払いができる所です。

イオンカードを持っており、WAON支払いが出来る所では絶対にアップルペイで支払いをしてはいけません。

なぜならイオンカードにWAONのオートチャージを設定しているのにもかかわらずアップルペイで支払いをしてしまうと、イオンカードの最大のメリットのうちの1つであるWAONポイント二重取りが出来なくなってしまうからです。

WAONでの支払いを受け付けているイオン系列の店ではアップルペイを使いたいという気持ちをぐっと抑え、WAONで支払いをしましょう。

いずれWAONもiPhoneに登録できるようになるとは思うので、それまでの辛抱です…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする