イオンカードは外国人でも作れる?

日本にしばらくいるからそろそろこの国でクレジットカードを作ってみようと考える人は少なくないはずです。

しかしそこで浮かぶのがこの疑問「日本人でなくてもクレジットカードは作れるのだろうか?」

今回はそんな疑問に答えていきます。

外国人でもカードは作れるか

まず一般的な疑問から答えると、外国人でもクレジットカードは作ることが出来ます。

実際、外国人であろうが何だろうがクレジットカードが発行されたという例はゴマンと存在します。

それではイオンカードはどうでしょうか?イオンカードの場合は、本人限定受取郵便の欄にその答が書いてあります。

本人限定受取郵便とは、特定の人に重要なものを郵便で送る時、その本人以外受け取れないようにするため受取の際に身分証明書が必要になるタイプの郵便です。

イオンカードはこの本人限定受取郵便で送られてくるのですが、その時の身分証明書として使えるものの一覧にこのようなものがあります。

Screenshot at Jul 26 15-36-18

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者または永住者のものに限る)

在留カードや外国人登録証明書でのイオンカードの受取を許可しているということは、イオンカードは外国人にも発行しているという証明と言ってもいいでしょう。

外国人はイオンカードの審査に通るか

イオンカード自体が外国人の受取を許可している以上、条件さえ合っていれば審査に通るはずです。

審査条件とはつまり年収、住所などがちゃんとあるかどうかという点ですね。これらの条件さえ整っていれば、問題はないでしょう。

ただ、人によっては夫が外国人でお金を稼いでいるのに、専業主婦の妻のほうしかクレジットカードの審査に通らなかった…というケースも有るようです。

クレジットカードは信用のカードであり、信用とは長い間をかけて築いていくものであります。

日本に来てクレジット関連のものに触れていない外国人は、クレジットカード会社から見ると「お金を借りて返した履歴がないからどういう人なのかよくわからない」ように映るのかもしれません。

そのため、もし日本に来てこれまで1度もお金を借りたことがないのであれば、クレジットカードの申請をしても通らないかもしれません。

とりあえず申し込んでみて、ダメなら次に言う方法を試して見るといいでしょう。

クレジットカードヒストリー

クレジットカードヒストリーとは、クレジットの利用履歴です。つまり、お金を借りて返すという実績ですね。

日本のクレジットカード会社は審査の際にその人のクレジットカードヒストリー、クレヒスを参照しています。

日本では信用情報機関という所に個人のクレジットカードの利用履歴やお金の返済履歴が登録されているのですが、クレジットカード会社は誰かを審査する際にはその信用情報機関に問い合わせをし、今から審査する人がお金をちゃんと返す人かを判断するわけです。

この国に来てから一度もクレジットのやり取りをしたことがないのであれば、当然信用情報機関には情報が登録されていないはずです。そうするとクレジットカード会社は不気味に思い、この人はお金を貸しても返してくれないかも…とクレジットカードを発行してくれないのです。

クレヒスを作る

クレジットカードを作るのにクレヒス(クレジットカードヒストリー)が必要なのはわかったけど、クレジットカードがなしでクレヒスをどうやって作ればいいのでしょうか。

クレヒスを作る方法はいくつかありますが、最も簡単なのは携帯電話を買う方法でしょう。

日本では携帯電話を買うとき、携帯端末を一括で買うか月賦で払うかを選択することが出来ます。

この時月賦で買うを選ぶと、毎月の通信料の支払いに合わせて、携帯端末代金を支払うことになるのですが…じつはこの携帯端末代金の支払いはクレジット扱いになっているのです。

つまり審査が殆どないか非常に簡単と言われている携帯電話の月賦購入をして、毎月の支払をきっちりするだけで信用情報機関に「この人は9万借りてiPhoneを買ったけど毎月ちゃんと支払っている」と登録されることになります。

クレヒスさえ作ってしまえばクレジットカード会社も商売人であるので、借りたお金を返してくれるとわかった途端バンバンカードを発行してくれるようになるはずです。

もしクレジットカードの審査に通らないと嘆いているのであれば、ためしてみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする