イオンカードはいつ届くの?審査時間から到着まで!

イオンカードを手に入れようと思っているが、到着まで3ヶ月とか掛かるなら別のカードにしようかな…とか…

イオンカードを申し込んだのに未だに来る気配がない…とう人のために私の経験からイオンカードはいつ届くのかについて説明していきます。

私が申し込んだ日付もあわせて併記しているので、だいたい何日頃に頼めばいつ来るか、何日ごろに頼んだならいつ来るかの目安になるはずです。

インターネットで申し込むとお得

イオンカードは申し込む方法は何種類かありますが、インターネット経由で申し込むのが早くてお得です。

もちろん私はインターネット経由で申し込みました。イオンカードはインターネット経由で申し込む方法、郵送で申し込む方法、イオン系列店の店舗で申し込む方法と3種類の申込方法がありますが、インターネット経由で申し込んだのはこれが目当てです。

screenshot-at-sep-23-16-42-26

インターネット経由での申込みは人件費がかからない分、かなりオトクな量のポイントが付くようです。

入会によって貰えるときめきポイントは1ポイントあたり1円としてつかえますし、WAON POINTに変換してイオン店舗で使うことも出来ます。

ネスカフェバリスタやルンバといった商品との交換にも使えるので、貰って損はありません。

イオンカードが届くまでの時間と審査時間

さて、私がイオンカードを申し込んだのは8月18日でした。

そして最終的に家にイオンカードが家に届いたのは8月31日でした。12日掛かった計算になりますね。

イオンカードに申し込むと、申込時に指定したメールアドレスに本人確認書類をアップロードしてくださいというメールが届きます。

私の場合、その本人確認書類メールが届いたのは8月19日、つまり申し込んでから1日後に本人確認書類のアップロードメールが届きました。

申し込んだ時点で審査が開始されるという旨のメールが来ていたので、本人確認書類を要求されるということはイオンカードの審査に通ったということになりますね。

つまり、イオンカードの審査時間は申し込んでから約1日程度という事になります。もし本人確認書類を送信してくださいというメールが届いた場合、その時点で審査は通っていると考えて問題ありません。

また、審査にあたって職場や自宅への電話確認などはありませんでした。成人しているのであれば基本的に電話確認はないようです。

未成年がイオンカードを申し込む場合は親への確認のために電話確認はあるようですが、イオンカードで電話確認があるのはそのケースのみであると言われています。

本人確認書類のアップロード

さて、要求された本人確認書類ですが、これは本人確認書類とはうたっていますが、実際に送ってOKなのは運転免許証のみとなります。

というのもイオンカードは申し込みの際、運転免許証を持っているかどうかによってオンラインでの書類アップロードになるか、郵送での書類送付になるか変わるからです。

恐らく運転免許証は片面に氏名・住所・顔などの重要な情報がまとめられているからだと思われます。

もしかしたら住基カードやマイナンバーカードでもOKかもしれませんが、無難に運転免許証を送っておきましょう。

また、運転免許証のアップロードはスマホの写真でも問題ないと公式サイトに書かれているため、わざわざコンビニに行って運転免許証をスキャンしてパソコンに取り込むなんて事をする必要は有りません。

運転免許証をスマホで写真に取り、イオンカードから届いたメールから本人確認書類アップロードのサイトに行きアップロードすれば完了となります。

公式サイトに写真の取り方の駄目な例があったので置いておきますね。

Screenshot at Oct 28 14-54-45

運転免許証を縦に置き、縦向きに写真をピントを合わせた状態で取れば文句は言われなさそうです。

さて、本人確認書類をアップロードしたその後はしばらくの間何の音沙汰もありませんでした。本人確認書類が確認され、カードが発送されましたという感じのメールも届かず、最終的にカードが家についたのは8月31日となりました。

カードが実際に発行されたのは恐らく本人確認書類をアップロードした19日であることを考えると、12日で自宅に届いたという事になりますね。

公式サイトのQ&Aでは申し込みから2〜3週間で手元に届くと書いてあったので、かなり早い方でしょう。人によっては10日くらいで届く人もいるようです。

楽天カードが5日で届く事を脅威に思ってカード発送の高速化をはかっているのかもしれませんね。

本人確認書類を無視した場合

本人確認書類を要求されたけど、免許証のコピーを取るなんてできそうにないし、スマホで撮影したものを送るのも難しい…

もしくは単純にメールが来ていることに気づかず、無視してしまった人も少なくはないでしょう。

私もその中のひとりです。実はこの前イオンsuicaカードを作ったのですが、本人確認書類メールに全く気づかず、これをスルーしてしまいました。

しかし心配ありません!もし本人確認書類を送ることが出来ない、もしくは完全に無視して送るのを忘れてしまってもイオンカードは普通に送られてきます。

その代わりイオンカードは本人限定受取という方法で送られてくるので、受取の際に家にいて本人確認書類を提示する必要があります。

この場合、本人確認書類をアップロードしなくても郵便局員に見せればいいだけなのである意味では楽です。

そもそもイオンカードに申し込み申請をして、本人確認書類送付のおしらせメールが来た時点で審査は完了し、イオンカードの発行手続きは整っているので、たとえ本人確認書類メールを無視したとしてもイオンカードが届かなくなるということは別にありません。

そういうわけで…本当に本人確認書類のくだりがよく分からない人は無視してもいいでしょう。また、本人確認書類を送るのを忘れてしまった人も安心して待ちましょう。

私は本人確認書類を送るのを忘れてしまいましたが普通に家に届きました。

郵送の場合

運転免許証を持っていない場合は本人確認書類はインターネット経由で提出することになります。

先に説明したとおり、審査が終了すると登録したメールアドレスに本人確認書類アップロードのお願いというメールが届き、そのメールの中のリンクから本人確認書類のアップロードをする必要が出てきます。

この場合運転免許証をスマホで撮影するなり、自宅やコンビニのスキャナーで取り込むなりして送る必要が出てきます。

運転免許証を持っていない場合、本人確認書類は郵送となります。ウェブから申し込みをしたあと3日前後で自宅に本人確認書類を送り返すための返信用封筒が届きます。それに本人確認書類のコピーを入れて返送することにより本人確認をするわけですね。

どの本人確認書類を利用可能かは後ほど全て紹介いたします。

本人確認書類のカラーコピーを返送した後は、1週間営業日前後でカードが手元に届くようです。間に土日を挟む事を考えると申し込んでから2〜3週間程度でカードが届くと考えていいでしょう。

本人確認書類郵送時に認められる書類

イオンカードが認めている本人確認書類のコピーは以下の通りです。コピーする際は原本のカラーコピーではいけないと決まっているので、数十円高いお金をだしてカラーコピーを行いましょう。

・運転免許証、運転経歴証明書

表面だけで問題有りませんが、住所変更をした場合、住所が裏側に書かれる場合があるのでその時は裏面も必要となってきます。また、申し込みをした住所と記載されている住所が同じでなければ認められません。

・健康保険証

こちらも基本表面だけで問題有りませんが、カード型の場合住所が裏面にあるので両面送る必要があります。

・パスポート

氏名・生年月日が書かれているページと、住所が記載されたページのコピーが必要です。

もちろん引っ越しや結婚といった何らかの理由で他のページに変更点を追記していた場合はそのページのコピーも必要になってきます。申込時の住所と一致することも確認しておきましょう。

また、有効期限内のパスポートで、かつ日本国に発行されたものでなければ受け付けていないようです。

・年金手帳

氏名・生年月日が書かれているページと、住所が記載されたページのコピーが必要です。住所変更などで複数の住所がある場合は二重線などを引き修正する必要があります。

住所は申込時の住所と一致していなければ認められないので注意しましょう。

・住民基本台帳カード

このカードはマイナンバーカードの発行により既に廃止されたので今本人確認書類として機能するかはわかりませんが…とりあえず免許証並みの情報が記載されているので両面送っておけば大丈夫なはずです。

・在留カード

住所・氏名・年齢・発行元の自治体がちゃんと見えるように撮影しましょう。

申込時の住所とズレがないことも確認必須です。

・特別永住者証明書

在留カードと同じく住所・氏名・年齢・発行元の自治体の名前が写っていることを確認しましょう。申込時の住所のズレも気をつけましょう。

もう一度言いますが、カラーコピーが必要です。モノクロコピーでは認められないようなので…覚えておきましょう。

イオンカードの発行時間:イオンsuicaカードの場合

電車に乗る祭にチャージするのが面倒くさいので、イオンsuicaカードを手に入れることにしました。

せっかくなのでイオンsuicaカードの審査時間や届くまでの時間についても併記していきましょう。

私がイオンsuicaカードの申込みをしたのは8月22日でした。意識していなかったのですが、最初のイオンカードを申し込みした1年とちょうど4日後でした。

別にどうでもいいですね。

イオンsuicaカードが届いたのは9月8日でした。つまり、申込みから届くまで18日掛かった計算になります。

約3週間と、イオンカードと比べるとかなり時間が掛かっています。ただ、今回イオンsuicaカードが届くまで時間がかかったのはいくつかの理由があります。

まずイオンsuicaカードはsuica機能が搭載されているのでJR側での処理が不可欠です。その処理をするぶんだけ発行に時間がかかってしまうようです。

もう一つは単純に私は本人確認書類のアップロードを忘れていたからです。なんてこったい!

8月22日に申し込みをし、8月23日に「【重要】本人確認書類画像アップロードのお願い」というタイトルで本人確認書類アップロードを促すメールが来ていました。

【重要】なんて付いている物々しいメールが来ていたのにもかかわらず私はそれに気づかずずっと放置しており、4日後に気づきました。

というのも、本人確認書類アップロードのお願いメールを4日放置すると次は「カード発行に関するお知らせ」というタイトルのメールが届きます。

このメールの中には

このたびは、イオンSuicaカードをお申込みいただきまして誠にありがとうございます。

本メールをもちまして、「画像アップロードサービス」のご利用期限が終了いたしましたことをお知らせいたします。

これより「画像アップロードサービス」をご利用されなかった方、また、送信いただいた本人確認書類の画像が
不鮮明または不備があった方に対するカード発行のお手続きを進めさせていただきます。

などと書かれており、このメールが届いた時点で本人確認書類のアップロードは必要なくなります。

その代わり、イオンカードが本人限定受取郵便として届くので玄関にて本人確認書類、つまり免許証やパスポート、写真付きマイナンバーなどを見せる必要があります。

そして9月8日、つまり18日後に届いたというわけです。

もし即日中に本人確認書類をアップロードしていたら最低4日、土日をカウントすれば6日程度早くなっていた可能性がありますね。カードを早く受け取りたいのならば可能な限り本人確認書類のアップロードはネットで済ましてしまいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする